タケウチCarlの地平線

都内在住31歳の独身サラリーマンが、日々木工や読書、散歩などを楽しみつつ、いつか脱サラして小屋暮らしや旅暮らしをすることを夢見るブログ

ロシアの観光ビザを個人取得しました

夏休みにロシアを旅行しようと思っています。普通の日本人が観光でロシアに入国するためにはビザが必要です。旅行代理店を使えばビザについても取得してもらえると思いますが、僕の場合は個人旅行なので、ビザを自分で取得する必要がありました。


ビザを個人で取得する方法については、既にインターネット上に多くの情報があります。しかし、それでも実際にビザを取得するまでには何点か不安な点がありましたので、そこに留意して書きたいと思います。

ロシア観光ビザの申請のための必要書類概要

在日ロシア連邦大使館のHP(http://www.russia-emb.jp/japanese/consular/service/)に申請書類や申請方法等が記載されています。


以下に申請書類を簡潔に記載しますが、日本人が観光でロシアを訪れる場合のビザ申請については

  • パスポート
  • 写真1枚
  • 電子査証申請書
  • 旅行会社が発行する旅行確認書
  • 旅行会社が発行するバウチャーのコピー

が必要です。


上記申請書類について以下で見ていきましょう。

電子査証申請書

当該HP内に入力フォーマットへのリンクがありあます。ガイダンスに沿って入力していくと、最終的にpdfが作成されます。無料で何回でも作成できます。注意点としては、(僕の環境が悪かっただけかもしれませんが、)途中保存機能が使えなかったことです。保存したつもりが、再度開こうとすると「そんなファイルねぇ」となるので、せっかく入力した内容が一から入力し直しになります。これはどうしようもありませんが、最後まで思い切って作成してしまうのが無難かと思います。


電子査証申請書の準備については特別大きな問題はないと思います。

旅行会社が発行する旅行確認書

確認書は、ロシア連邦観光省による登録(旅行リファレンス番号)のある受入れ先の情報が記載される書類で、受入れ先の責任者の署名および社印がなければなりません。
(在日ロシア連邦大使館HPより)

個人旅行者にとっては、そもそも旅行会社のプランを使っていないので、普通に考えるとこの書類を入手するのは困難に思われます。しかし、実際には様々な(?)旅行会社がインターネット上で、代金と引き換えに旅行確認書を発行するサービスを行っていますので、そのようなサービスを利用して入手しました。


僕はググるとすぐに出てくる(他の体験サイトでもよく出てくる)「Alliance Travel Company」という旅行会社のTravelRussia.suというサイト(http://www.travelrussia.su/en/visa.tourist.php)を使い、"tourist invitation to Russia"(ロシアへの招待状)を発行しました。


ガイダンスに沿って記入を行い、カード決済により支払いを済ませると、pdfへのリンクが登録したメールアドレス宛に届きます。発行料は699ルーブル、日本円に換算して約1200円でした。


ところで、ここで不安なことがおきました。上記サイトでフォーマットに入力する際に、宿泊地を細かく記載しすぎたために、出来上がったPDFを見ると、フォーマットから記載が大きくはみ出しており、他の質問項目を侵食していました。


果たしてこれで受け付けてくれるのだろうか…。TravelRussia.suにメールを出して修正をお願いするか、もう一度お金を払って作り直すか、真剣に悩んでしまいました。結果的には、フォームからはみ出しは特段何も言われずに受理してもらえました。

旅行会社が発行するバウチャーのコピー

バウチャーには下記の情報がなければなりません:
・旅行者のデータ(氏名、生年月日、パスポート番号)
・ロシア入国日および出国日
・観光ルート、移動手段、宿泊場所、観光プログラム
・旅行会社の署名と印
・支払済み証明
・ロシアの受入れ旅行会社名とその旅行レファレンス番号
(在日ロシア連邦大使館HPより)

これも入手が難しそうですが、「TravelRussia.suのサイトで取得したtourist invitationは、バウチャーも兼ねている」というネット上の情報を信じて、特段準備しませんでした。


確かにtourist invitationを見ると、これらの項目は漏れなく記載されています。


僕の場合、宿泊施設や移動手段が確定していたので、万が一、宿泊地や移動手段を詳しく聞かれた場合に説明できるよう、これらの予約完了を証明する書類を準備していきましたが、実際のところ全く不要でした。

まとめ

僕が申請するにあたって必要だったのは次の書類です。

  • パスポート
  • 写真1枚
  • 電子査証申請書(上の写真を貼る)
  • TravelRussia.suで発行したtourist invitation

東京のロシア大使館の営業時間、混雑具合など

ビザ申請と受け取りは午前中(9時30分~12時30分)のみです。土・日とロシアの祝日は休館ですが、日本の祝日は開館しているみたいです。


私は2016年8月11日(山の日)に申請に行きました。9時50分頃到着したのですがガラガラでした。申請自体は5分くらいで終わりました。最後に「受け取りはいつになさいますか?」とカタコトの日本語で聞かれるので、希望の受取日を伝えましょう。僕はあまり考えず「二週間後でお願いします」と伝えました。


ビザの発行料は、申請してから受け取るまでの日数に依存しており、11営業日以降であれば無料となっています。二週間後と11営業日は正確には一致しないかもしれませんが、ネットで情報収集していた際によく目にした「二週間後」が頭に残っていて、ついつい口から出てしまったというわけです。


そして、本日8月25日に無事に受け取ることができました。10時20分頃到着したところ7人待ちでした。窓口の数は少ないものの、捌く速度は普通(特別遅いということはない)なので、25分程で僕の順番が回ってきました。

最後に

既存の情報なので目新しさはないですが、2016年8月時点で有効だということで、ご参考になれば幸いです。

(追記)行ってきました

ラトビアエストニア・ロシアに行ってきました。
ものすごく楽しかったです!
はじめは色々とトラブルに見舞われましたが、最後は「いい旅だった!」という気持ちで帰ってくることができました。
hikaroon.hateblo.jp