タケウチCarlの地平線

都内在住31歳の独身サラリーマンが、日々木工や読書、散歩などを楽しみつつ、いつか脱サラして小屋暮らしや旅暮らしをすることを夢見るブログ

鹿児島旅行 4日目(天文館、ドルフィンポート)

2016/5/3(火)曇り、雨

鹿児島県枕崎市の火之神公園で野宿した翌日の話です。
hikaroon.hateblo.jp

枕崎を去る

一晩中風が強かった。朝起きると、シュラフの隙間からひんやりとした空気が入り込んだ。フードをめくり外を見て驚いたのは、空に数羽の鳶が舞っていたこと。地面すれすれまで急降下しては戻っていく。餌にされないうちに出発することにした。
f:id:hikaru_takeuchi:20160503060845j:plain
早朝の海。濁った荒々しい波は、潮に姿を変え、強風に吹かれてやってくる。街中まで、また5キロの道のりを歩く。漁港では、かつお祭りの準備が着々と進められていた。
f:id:hikaru_takeuchi:20160503064817j:plain:w320
7時前、枕崎近くのバス停「観候所下」から鹿児島中央駅行きのバスに乗った。2時間弱で鹿児島中央に着いた。これだけ移動できて1240円の料金は、とても安く感じた。

鹿児島中央着。まずは温泉。

鹿児島中央に着いて真っ先に向かったのは、天文館近くの銭湯「霧島温泉」。
www.kagoshima-onsen1010.net
朝から天然温泉に浸かり、活力が湧いてきた。どうして朝から体を洗い、身なりを整えるのかというと、
f:id:hikaru_takeuchi:20160503115906j:plain
友人が、黒豚しゃぶしゃぶ発祥の店「元祖 黒しゃぶ 黒豚料理 あぢもり」を予約しておいてくれたからです。
adimori.com
僕の場合、一人旅行をすると無意識のうちに節約をしてしまい、こんな店など入らない。だからとてもありがたい。こういう店に行くとなると妙に構えてしまい、朝から銭湯に浸かってしまったのである。


店を出ると、土砂降りの雨となっていた。友人宅に一度戻り、ゆっくりしているうちに爆睡してしまった。

ドルフィンポートへ

f:id:hikaru_takeuchi:20160503184445j:plain
f:id:hikaru_takeuchi:20160503184317j:plain
17時過ぎ起床。雨は上がっていた。再び天文館へ。
f:id:hikaru_takeuchi:20160503180942j:plain
昭和のレトロな雰囲気の「ブルーライト珈琲」でうまいコーヒーを飲む。そしてドルフィンポートまで歩いて夕飯を食べに行くことになった。思い返すとこの日は食ってばかりであった。
f:id:hikaru_takeuchi:20160503184906j:plain
路面電車が街を走っているというのはなんだか新鮮で、ついつい感動してしまう。
f:id:hikaru_takeuchi:20160503184940j:plain
街中の至る所にレンタサイクルがある。1日(24時間)200円で乗り放題*1だからとても便利だ。明日使ってみようかしら。
f:id:hikaru_takeuchi:20160503185209j:plain
荘重な造りの山形屋。
f:id:hikaru_takeuchi:20160503190608j:plain
そしてドルフィンポートに到着。20件以上ものレストランやショップが入っており、また色々イベントも行われるもよう。
鹿児島ウォーターフロント「ドルフィンポート」
夕食は「和処めっけもん」で寿司を食べました。
f:id:hikaru_takeuchi:20160503191004j:plain
入った直後にマグロの解体ショーが始まり、気持ちが高揚しました。グルメな友人の後ろに着いていく形で20貫以上を食しました。お酒も入り、涙が出るかと思うほど至福のひと時でした。

天文館周辺を散歩

f:id:hikaru_takeuchi:20160503204650j:plain
石灯籠通り
f:id:hikaru_takeuchi:20160503211405j:plain
天文館公園のカラフルな噴水
f:id:hikaru_takeuchi:20160503213058j:plain
天文館のアーケード周辺の小路は、オシャレなレストランやバーが並んでいて、歩いていて飽きません。ご飯とお酒が美味しい鹿児島、街の雰囲気がいい鹿児島、景色が雄大な鹿児島。いっそのこと鹿児島に移住できたらいいなとさえ思いました。


(続く)

*1:一度あたりの使用時間を30分以内におさめれば